株式会社の設立は、一人でつくれば専門家に支払う30万円~40万円が節約できます。
会社設立は、楽天、ソフトバンクにいた時に何度か経験したことがありましたが
税務面での対応とシステム面での構築の部分だけだったので自分の会社設立の手順ををまとめてみました。

会社で何をやる(会社基本事項の決定)     

︎財務経理と経営企画をやってきたので管理コンサル業務をやります

会社名決定(類似商号の調査)

ヤフーやグーグルの検索エンジンで、予定している商号と同じ商号等がないものを調べてみたり        
「法務局の商号調査簿 」や「インターネット登記情報提供サービス」などを調査してみる

会社の住所をどこにすべきか

︎バーチャルオフィスなどにすると法人口座が作れない恐れがあるので実体のある場所に決めました

公証人役場、法務局への提出書類(定款、登記書類)の作成 

︎ここが専門家が美味しく手数料をとる最難関の手続きの箇所です。でも大丈夫です。便利なクラウドサービスがあります。

会社設立freeeという無料でできるクラウドサービスで作成

作業の流れは以下の感じです。本当によくできてますね。

          

無料で登録できます。

簡単に作れるので超オススメ!これがなかったら大変だった気がする    
お金もかけずに定款も簡単に作れました。本当にこれは最高!入力 内容を順番に入力して簡単に作成できます
定款記載の事業の内容なども法務局に提出しても問題のない表現を選択できる    
私の場合は、仮想通貨取引も含めたので、グーグルで検索して問題のない表現を探して事業内容に追加しました。

登録前にどんなものかを見ておきたい人は以下に 画像付きで書かかれているので読んでみてください。

会社設立 freee ヘルプ

電子定款認証に行政書士に5,000円の手数料がかかりますが頼んだ方が安くできます。

法人印鑑の作成

ヤフーショッピングで注文して作成。便利な世の中になりました。
会社設立フリーの手続きの中で作成することも可能ですが、そこでは無理に購入する必要もないかな。         
慣れたアマゾン、楽天で購入すると良いと思います

個人の実印の印鑑登録証明書の取得(官庁)

︎実際に足を運ばなければならない

社長印を使うこともあるので個人の名前の印鑑登録が必要ですね       
せっかくなのでヤフーショッピングで立派な印鑑を購入しました
この辺の処理はネットだけで完結しないので二度手間にならないのように前日に必須の持ち物をチェックしておきましょう。

内容は、以下のサイトに 書かれているのでしっかりとみました.

印鑑登録とは・印鑑登録の仕方

 

定款の認証(公証人役場)

行政書士の先生が指定した日の時間を予約していますその日に行ってください          

定款(会社設立freeeでダウンロードできます。個人印を押す必要があります。会社設立freeeに定款のとじ方書かれてます。)
委任状(会社設立freeeで作成。発起人の押印必要
現金約52,000円(定款認証代金)
公証役場に行く人の本人確認書類 (私は免許証を持って行きました。)
新しいCD-R(定款の電子データーの受取用)(私が行った公証人役場は、持っていなくても定款の入ったCD-Rをくれました。 私は購入してしまったので前もって電話しておいて確認しておくのもいいかもしれません。)
発起人の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内
発起人の個人印(当日の修正がある場合には必要)

※公証人役場は 、はじめて行ったところでどんなものかとおもいましたが、女性のスタッフがいて公証人となるおじさんがいる役所のような場所でしたね。
手続きは書類を渡して、10分ばかり待っていると公証人の方(おじさん)が来て、本人確認と会社の確認を軽く聞かれて認証済みの定款を受け取りました。

出資等の払込(金融機関)

︎ 振込みの金額や振込人と日付「口座名義」「銀行名や支店名」が分かるものは登記申請時にも必要になります。
  個人通帳にお金を振り込み個人通帳のコピーが必要となります。
  私の場合は、資本金500万円なので振り込みで個人通帳に記帳して個人通帳のコピーをしました
  ( 細かい内容は、会社設立freeeに書いてます。) 
ポイント
この時点では銀行の法人口座は、まだ作れません。

登記申請書類の作成

︎会社設立freeeでも同様に出力ができます 本当に便利です。         
あとは、ここまでの過程で作成している会社の実印、個人の実印を押します (細かい内容は、会社設立freeeに書いてます。) 

設立登記の申請(法務

︎法人の所在地の法務局に行きます

二度手間にならないように持ち物前日にチェックしておきましょう
私は、個人通帳のコピーを当日やろうと思っていましたが、個人通帳を持っていくのを忘れて一回タクシーで家まで戻りました      
私の会社は、株式会社なので15万円分の収入印紙を貼って提出しました。その場で問題なく登記完了というわけにはいきません。
不備があれば、後日連絡が来ます。法務局に行くのは時間の無駄なので何もないことを祈りました。

ポイント          
会社印の印鑑証明は、法務局で同時ににできるので会社印も持って行きましょう       
持ち物チェックリスト              
定款       
印鑑証明書       
取得した入金証明のコピー       
登記申請書類一式        
現金:登録免税税(株式会社:15万円、合同会社:6万円)       
会社印と発起人の実印(修正や押印漏れがある場合には必要)

登記完了(法務局)

︎無事連絡もなく、登記が完了しました。ついに会社が登記されました。

ちょっと感動 しかし、まだまだ手続き は続きます。

設立後は、税務署などの諸官庁への提出があります。