管理部門のAI経営DXを実現するためのパートナー

当社は、企業の経営企画室、IPO準備室、財務、経理など、会社経営の根幹を担う管理部門の方々に向けて、AI経営DX(デジタルトランスフォーメーション)人材育成とシステム開発のサポートを全員がAI&ITに精通した 大手プライム市場企業幹部、プライム市場企業CFO、大手銀行出身者、大手証券会社出身者、公認会計士、税理士、IPO準備経験者、システムエンジニア、サーバーサイドエンジニア、セキュリティエンジニアなど、各分野のスペシャリストで構成された最強最高チームが提供しています。

私たちは、以下の課題に焦点を当てて、企業の管理部門の経営DX推進を支援しています。

  1. データ収集・データ加工・報告の課題
    経営層に近いホワイトカラーのデータ収集・データ加工・報告のやり方が時代遅れであるという課題は、組織全体に影響を及ぼしています。この問題は、すべての社員、部門、事業、子会社のデータを提供する側に多大な負担をかけています。データの収集から加工、そして報告までのプロセスが古く、効率が悪いためです。それが改善されていないため会社及びグループ全体に影響を与えます。経営DXの遅延の大半がここにあります。
  2. 経営DX人材育成の課題
    経営DXの成否は人材育成に懸かっています。予測不可能な変化に対応するため、デジタル技術をビジネスに活用し変革を推進するスキル習得が必要です。しかしながら、管理部門はITに強い人材が少なくプログラミングにも非常に抵抗感があり経営DX推進の壁となっています。
  3. 管理部門における社内システム開発部門の課題
    社内システム開発部門による管理部門後回し問題があります。営業部門にリソースが集中して割かれるため管理部門へのサポートは遅れがちです。
    また、管理部門プログラミング規制問題があります。これは、社内開発管轄外で開発部門以外はプログラミングを使ってはならないという社内独自規制問題です。開発ブロックやプログラミングブロックと言われています。Pythonなどの流行のプログラミング言語を使用させてもらえないため管理部門内に経営DX人材を採用しても上手く機能しない課題があります。この問題は、管理部門の経営DX推進を遅延させる大きな課題です。
  4. 手作業復活問題
    ITリテラシーが低い管理部門スタッフによる、手作業復活問題があります。管理部門に経営DXに精通した優れた人材が所属していても1人もしくは少数だけでは、経営DXは実現できません。彼らが辞めた際に手作業が復活するという問題が起こります。ITに精通しない既存社員は、その問題を遠ざけてしまい手作業に戻ってしまいます。属人化恐怖症となり企業成長が停滞します。

私たちは、あなたちが悩んでいる問題をすでに経験し対策してきました。

人は中々、変われない。社訓にあるプログラム中心主義で解決していきます。

ビジョンを共有し、共に成長していくことを楽しみにしています。

3つの強み

AIと人材育成の融合

幅広いサービスラインアップ

豊富な実績と経験

最強最高チームによる7つのチームサービス

AIとITの力で、未来を拓く最強最高チームが支援するサービス

全員がAI&ITに精通した 大手プライム市場企業幹部、プライム市場企業CFO、大手銀行出身者、大手証券会社出身者、公認会計士、税理士、IPO準備経験者、システムエンジニア、サーバーサイドエンジニア、セキュリティエンジニアなど、各分野のスペシャリストで構成された最強最高チームが、お客様の課題解決を支援します。

なぜチームサービスが必要なのか

AIの能力は、その使用者の知識と理解に大きく依存します。AIは驚異的な可能性を秘めていますが、その潜在能力を最大限に引き出すためには、使用者自身が基本的な知識と理解を持っていることが必要です。例えば、小学生にAIの使用を指導しても、彼らが持つ基礎知識の範囲内でしか問い合わせを行うことはできません。これは、AIの能力を最大限に引き出すためには、一定の基礎知識が必要であることを示しています。

また、大人であっても、特定の分野についての基礎知識が不足している場合、AIの全能力を活用することは難しいかもしれません。各エキスパートも専門外の分野ではAIの能力を最大限に引き出すのが難しいと感じることがあります。それぞれの分野におけるエキスパートが存在することで、AIとITの融合が可能となり、その結果としてAIの能力を最大限に引き出すことが可能となります。各エキスパートは、それぞれの専門知識を活用してAIの機能を最適化し、それによりAIはそのポテンシャルを最大限に発揮することができます。

このように、エキスパートの存在と彼らの専門知識は、AIとITの融合を促進し、組織全体のパフォーマンスを向上させる重要な要素となります。これは、ビジネス、プロジェクトの成功に直結し、競争力を強化するための重要な戦略となります。

したがって、エキスパートの存在と彼らの専門知識を活用してAIとITを融合させることで、組織はAIの能力を最大限に引き出し、ビジネスの成功を実現することができます。これは、今日の競争激しいビジネス環境において、組織が強くなる重要な要因となります。

大手プライム市場の管理ノウハウがあなたの会社にも

1. IPO体制構築支援サービス

上場を目指す企業を、多角的な視点から支援します。

 おすすめプラン

(お客様のニーズに合わせたチーム構成を致します。)

  • 公認会計士:内部統制構築、連結決算
  • 税理士: タックスプランニング、税効果会計
  • IPO準備経験者: 上場スケジュール管理、証券会社との折衝、開示資料、IR資料 アドバイス
  • システムエンジニア: 管理部門社内体制システムアドバイス、支援業務ツール作成
  • セキュリティエンジニア: 情報セキュリティ対策支援

2. 事業計画作成支援サービス

大手プライム市場企業の事業管理ノウハウを教えます、戦略的な事業計画策定を支援します。

 おすすめプラン

(お客様のニーズに合わせたチーム構成を致します。)

  • 公認会計士: 月次決算管理、予算作成構築設計
  • 大手銀行出身者: 資金調達のためのポイントアドバイス
  • 税理士: 税務の影響に対応した事業計画支援
  • 大手プライム市場企業幹部: 事業計画作成における実践的なアドバイス
  • システムエンジニア: 効率的なデータ収集の手法

3. AIプロンプトエンジニア育成サービス

AI開発を加速させる、プロンプトエンジニア育成プログラムを提供します。

 おすすめプラン

(お客様のニーズに合わせたチーム構成を致します。)

  • システムエンジニア: 教科書を使ったプロンプトエンジニアリングの基礎講座の講義
  • サーバーサイドエンジニア:教科書を使ったAIを活用したサーバーサイドブログラムの講義
  • セキュリティエンジニア:教科書を使ったAIを活用したセキュリティ管理手法の講義

4. AIとプログラミングを使いこなせるようにする管理部門人材育成サービス

AIとプログラミングを活用できる、次世代の管理部門人材育成プログラムを提供します。

 おすすめプラン

(お客様のニーズに合わせたチーム構成を致します。)

  • システムエンジニア: 教科書を使ったAIプロンプトによるデータ分析ツール、業務自動化ツールの作成
  • 大手プライム市場企業幹部:教科書を使った AIを使った経営者へのレポーティングの仕方

5. 法人向け業務サポートツールスクラッチ開発サービス

お客様のニーズに合わせた、業務効率化ツールを開発します。

 プラン(お客様のニーズに合わせたチーム構成を致します。)

  • 大手プライム市場企業幹部: ヒアリング、要件定義
  • システムエンジニア: 設計、開発、テスト
  • セキュリティエンジニア: セキュリティ対策
  • UI/UXデザイナー: 使いやすいインターフェース設計

6. 連結決算業務導入支援サービス

連結決算業務を効率化し、負担を軽減します。

 プラン(お客様のニーズに合わせたチーム構成を致します。)

  • 公認会計士: 連結決算制度教育、連結決算書作成サポート
  • 税理士:連結税効果会計サポート
  • 大手プライム市場企業幹部: 連結パッケージ作成アドバイス、グループ会社管理の実務
  • システムエンジニア: クラウド連結決算システム導入、Googleスプレッドシートを使った連結決算の指導

7. 経営企画・財務経理人材紹介及び面談代行サービス

企業のニーズに合致した、AIとITに強い優秀な財務経理人材を紹介もしくは面談の代行をいたします。

 プラン(お客様のニーズに合わせたチーム構成を致します。)

  • 大手プライム市場企業幹部:コミュニケーション、協調性の能力審査
  • IPO準備経験者:IPO準備に対応できる基礎の能力審査
  • 公認会計士: 財務経理担当者の能力審査
  • 税理士: 税務担当者経験者の能力審査
  • システムエンジニア: AIとITの能力審査
  • 当社教育を受けたAIとITに精通した人材を紹介
  • 御社採用予定の管理部門スタッフ人材を面談致します。

各サービスの詳細については、お気軽にお問い合わせください。

お客様の課題解決に貢献できるよう、最強最高チームが全力でサポートいたします。