ITの力で財務経理を幸せにする

FAPiTパッケージの導入は、限定 一般企業 10社 会計事務所 5社 まで対応

  • HOME »
  • FAPiTパッケージの導入は、限定 一般企業 10社 会計事務所 5社 まで対応

FAPiTコンサルタント とは

は、簡単に言うとプログラミングもできるITに強い会計業務改善のスペシャリストです。

継ぎはぎシステムを会計に繋ぐツール

を導入支援ができる経験豊富なコンサルトでもあり、大手上場企業での多彩な経験をもつ人材で構成されています。

プログラミングが書けない者は、会計専門家である公認会計士、税理士でも認定しておりません。

プログラミング言語 Pythonの理解は必須

以下に、FAPiT,PKGと一般のコンサルタントと比較してFAPiTコンサルタントの必要性を記載して行きます。

継ぎはぎシステムになりだした中堅企業以上におすすめ!

ITに強い組織に変貌!

手作業地獄・紙作業地獄から解放!

時代遅れの経理組織から卒業!

手作業だらけの会計事務所をIT型会計事務所に進化させます!

会計事務所の弱点はITに弱いこと

IT型会計事務所に進化させる!

FAPiTコンサルタントがIT完全サポート

時代遅れから最先端事務所へ

FAPiTパッケージは、なぜ限定導入なのか

は、継ぎはぎシステムを繋ぐツールであります。

パッケージは、コンサルティングが必要な外資系企業及び日本の中堅以上の企業に導入をおすすめします。

この規模になってくると会計業務のコンサルタントは、必ず必要となってきます。

なぜ、当社の

パッケージは、少数の限定導入しかできないのか。

これを説明するためには、通常行われている一般の会計業務コンサルタントのメリットとデメリットを説明しなければなりません。

これは、二大IT企業の管理系で管理職して多くの会計業務コンサルタントと関わったことで分かったことです。

一般の会計業務コンサルタントのメリットとデメリット

会計業務コンサルタントに多いのが、MBAと公認会計士と税理士です。まずは、この専門家の長所と短所について

MBA

メリット

  • 語学に堪能
  • 予算管理やプロジェクト管理や部門別管理などの業務に携わる経験が多いため集計業務は得意としている。
  • M&A案件を多く経験しているためディーデリジェンスに詳しい。
  • コミュニケーション能力やリーダーシップ能力が非常に高い。
  • 広く知見を身につけている。

デメリット

  • 会計に関しては、大枠で理解はしているがそこまで強くない。
  • 税務知識は、ほぼないため消費税や所得税や事業所税や外形標準課税などの細かい論点は分からない。
  • 公認会計士や税理士よりは、システムの理解度が高いが会計・税務知識が乏しいために適切な業務改善ができない。

公認会計士

メリット

  • 監査経験は、豊富であるため会計チェックには長けている。
  • 上場企業を相手に監査を置こうなケースが多いため金融商品取引法やIFRSの法令には精通している。
  • 決算短信や有価証券報告書及び会社法計算書類等の作成チェックの仕事が多いため会計基準には大変詳しい。
  • 米国公認会計士等の場合は、語学に長けている。

デメリット

  • 監査業務が多いため、売上計上、請求書作成、支払処理、立替精算処理、請求書チェックなど実際の経理業務の経験が非常に乏しい。
  • 大手企業内で大量データを扱ったことがないためシステムでの改善の重要性がやや劣る。
  • 税務申告書を書いたことがない公認会計士が多いため、実務に即した消費税チェック、法人税チェック、所得税の問題などが理解できない人が多い。
  • 実務経験に乏しいためシステム要件にキャンセルやインシデントが起った際の実務的な例外事例を考慮できない。
  • システムに弱いため、会計処理は、外部の手作業要因に依頼してしまう。
  • システムに弱いため、リアルな現場で業務改善が行うことができない。

税理士

メリット

  • 税務に詳しい。税務申告書作成がメインの仕事のため提出期限に詳しく、申告書もきっちりと作成できる。
  • 実務に即した消費税チェック、法人税チェック、所得税の問題などを理解して日常の会計処理の税務的な要因に気づきアドバイスできる。

デメリット

  • 税務業務が多いため、売上計上、請求書作成、支払処理、立替精算処理、請求書チェックなど実際の経理業務の経験が非常に乏しい。
  • 上場企業との関わりが少ないため、金融商品取引法やIFRSの仕事の経験が少ない。
  • 実務において連結会計などを行うケースがすくないので、連結の相談をしても一般論でしか回答できない。
  • 実務経験に乏しいためシステム要件にキャンセルやインシデントが起った際の実務的な例外事例を考慮できない。
  • システムに弱いため、会計処理は、外部の手作業要因に依頼してしまう。
  • システムに弱いため、リアルな現場で業務改善が行うことができない。

業務経験がなくシステムに弱いために改善はできない

難易度の高いMBAや国家資格に合格しているので法律の理解は非常に強いが、業務実務経験がなく、システムに弱いために詳細な改善ポイントを把握できないため会計業務を改善することができない。

そのため、システム導入に関しては、システムに強いエンジニアと協力して行うケースが多い。

システムに強いエンジニアの問題点

エンジニア

メリット

  • プログラムに精通している。
  • システムに強い。データの扱いに慣れている。
  • クラウドにも理解があるため、画期的な業務改善ができる。
  • 手作業で無く一気通貫で処理する方法を提案できる。

デメリット

  • 会計及び税務の理解がないために、細かい点での業務設計ができずに継ぎはぎシステムを作ってしまう。
  • 会計の実務経験がないために問題点を把握できない。

 は、経理・財務・税務の実務経験豊富でシステムに強い人のみ

二大IT企業で多くの経験を踏ませていただいたおかげで、多くの会計業務コンサルタントと関わりましたが、

結局、会計だけで無く消費税、給与や報酬の所得税などの仕訳に影響のある知識を理解しておく必要があり、

税務申告や有価証券報告書や会社法計算書類等を作成を財務会計のゴールを認識して、管理会計及びシステムに強くないと

一気通貫にできるシステム及び、最善の業務フローを構築できないという結論に達しました。

会社の会計決算業務というのは、規模が大きくなればなるほど複雑になり経営者がもとめてくるものも深くなります。

複雑になってしまった会計業務フローを理解するには、中途半端な知識では継ぎはぎシステムを悪化させてしまいます。

 の必須要件は、以下となります。

プログラム言語を使ってソフトを開発した経験があること。

プログラム言語 Pythonを理解していること。

給与計算業務の経験があること。

売上計上、請求書発行、消込業務、支払処理、立替精算処理、請求書チェックなどの一般会計の経験があること。

連結決算の経験があり、連結パッケージなどのシステムの設計を行ったことがあること。

予算管理の経験があること。

会社法計算書類等、IFRSを使用して有価証券報告書を作成したことがあること。

法人税申告書、消費税申告書の税務申告書作成経験があること。

消費税・所得税・印紙税の意識が非常に高いこと。

内部統制の整備を行った経験があること。

経理マニュアルや経理規定の作成に関わったことがあること。

PLのみでなくBSの勘定残高明細を意識してきっちりと作成できること。

好ましい任意要件

上場企業出身者であること。

公認会計士・税理士・MBAであること

に求めている事は、経理・財務・税務に詳しいだけでなく実務経験とITリテラシーが非常に強いことを要求しています。

必須要件を満たしていないと、会社の中で起きている継ぎはぎシステムをスムーズに繋ぎこむことができません。

従って、このような人材は、日本においては、ほぼ皆無のためパッケージの導入は、現段階では限定導入としております。

PAGETOP
Copyright © t.b,inc 株式会社 All Rights Reserved.